かぶれ

かぶれ(接触性皮膚炎)

かぶれ

植物・昆虫・化粧品・薬品・金属など、肌にふれるものが原因で、強いかゆみと赤いぶつぶつが触れた部分に一致してできます。

かぶれの原因となりやすいもの

■植物
ウルシ科・ケシ科・セリ科・イチョウ科・ナス科など。
■昆虫
毛虫、蛾(ガ)など。
■化粧品
洗顔料、化粧品中の防腐剤、香料など。
■薬品
洗剤、ばんそうこう、湿布薬、みずむしの塗り薬など。
■金属
ネックレス、ピアス、ベルト、時計、めがねなど。

かぶれの治療は?

治療は主にステロイドの塗り薬とかゆみをとめる抗アレルギー剤になります。

どうやって原因物質を調べるの?

パッチテストをします。かぶれの原因と思われるものを直接、背中や腕の内側に48時間、検査用バンソウコウで密封した状態で貼ります。
48時間後、72時間後に赤くなっているか確認します。赤くなっていれば、原因物質だと判断します。

 

かぶれの予防策

植物・昆虫・化粧品・薬品・金属などが、かぶれの原因になります。かぶれやすいものを身に付けたり、そばに近寄らないようにしたりすることが大事です。また洗剤等の洗い残しも、かぶれの原因になります。洗濯物はしっかりすすぐことが大切です。

化粧品類も頻繁に変えない方が良いです。化粧品類は中に入っている成分が多く、肌にあわない成分が含まれていると、それがかぶれの原因になることが多いからです。

市販薬ですませてしまう方へ

ステロイドではない市販薬ではほとんど効き目がありません。また自分で市販のステロイドを選ぼうとしても、多くの方は、適切なステロイド剤を選ぶことができない為、強すぎたり、効果が出なかったりします。薬が必要なかぶれの場合は、医師の診察を受けて、適切な薬を処方してもらうことをお勧めします。

新着情報

一覧へ >
2018/08/07NEW
★お盆休み前後の診察★医師2名で待ち時間短縮!
2018/07/31
8/11(土)、祝日ですが9時~12時まで診察いたします。
2018/07/31
来院前にチェック!8月の混雑予測表
2018/07/31
9.10月の代診のお知らせ
2018/07/02
夏季休暇の案内
  • 皮膚科・アレルギー科 ひぐちクリニック

ご予約・ご相談はお気軽に

皮膚・アレルギーのことでお悩みでしたら、瑞穂市にある ひぐちクリニック まで
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせください 0120-046-311
    bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ >