尋常性白斑

尋常性白斑

尋常性白斑について

皮膚の色が抜けて白く見えます。後天性(生まれつきでない)で全身どこにでもあらわれます。

尋常性白斑には大きく分けて、3つのタイプがあります。
①全身に左右対称にあらわれる。
②部分的に1~数個あらわれる。
③皮膚の神経に沿ってあらわれる。

尋常性白斑は、治りにくい皮膚の病気の一つと言われています。
人にうつることはありません。
しかし、人に見られる部分にあらわれることも多く、
見た目から心理的なダメージを感じることも少なくありません。

尋常性白斑の原因

原因はまだはっきりとわかっていませんが、過度のストレス、やけど、日焼け、刺激などによる自己免疫異常や末梢の神経系の変化などが考えられています。

治療方法

当院では最新の光線療法を行っています。

> 詳しく見る

尋常性白斑の予防策

過度のストレス、やけど、日焼けなど、肌へのなんらかの刺激などが引き金になり、白斑ができると言われています。特に日焼けには注意し、日焼け止めをしっかりと塗る、直射日光を直接浴びないようにするなどの予防が必要です。

 

なりやすい人、なりにくい人

原因ははっきりしていませんが、紫外線を浴びる量が増えることで、なりやすくなる可能性があると言われています。日に当たることが多い人は、日焼け対策を念入りにしましょう。

新着情報

一覧へ >
2018/08/07NEW
★お盆休み前後の診察★医師2名で待ち時間短縮!
2018/07/31
8/11(土)、祝日ですが9時~12時まで診察いたします。
2018/07/31
来院前にチェック!8月の混雑予測表
2018/07/31
9.10月の代診のお知らせ
2018/07/02
夏季休暇の案内
  • 皮膚科・アレルギー科 ひぐちクリニック

ご予約・ご相談はお気軽に

皮膚・アレルギーのことでお悩みでしたら、瑞穂市にある ひぐちクリニック まで
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にお問い合わせください 0120-046-311
    bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ >