ホーム > 施術法・施術機器から選ぶ > Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザー

しみとりレーザー(Qスイッチレーザー)

岐阜県下初!!New Technologyを駆使した
究極の3波長Qスイッチレーザー(Alex Trivantage)


波長755nmと1064nm/532nmを使い分けることで、多様なシミに対応できるキメの細かい、より洗練された治療が可能に。


シミ 
老人性色素班(日光のシミ)
その他のシミ(ほくろ)



Qスイッチレーザー治療は強いレーザーを茶色いシミに照射して、メラニンに反応させることによって、シミを浮かせる治療です。レーザー照射の際は、輪ゴムではじかれるほどのチクッとした痛みがあります。施術前に麻酔テープを貼れば、ほとんど痛みは感じません。

従来のQスイッチレーザー治療は肝斑と呼ばれるしみを確実に悪化させる危険性がありました。最新の3波長Qスイッチレーザーはしみの悪化を最小限に抑えるため、肝斑を合併した日光のシミにも安心してレーザー照射できます。

*肝斑の方は、肝斑治療が最優先となります。Qスイッチレーザー治療はそのあととなります。
シミ治療には複合的な治療が必要です
ただし、シミ治療には複合的な治療が必要です。Qスイッチレーザーはもちろん、レーザーピーリング(ジェントルレイズ)、軟膏(ハイドロキノン、トレチノイン)、内服、イオン導入などを組み合わせて、根気良く治療する必要があります。その人のシミの種類、肌状態に合わせて、みほ先生が最も効果的な治療を選択していきます。内服には、ビタミンC、ビタミンE、トランサミンの併用が効果的です。
レーザー照射後の経過
Qスイッチレーザー レーザー照射後の経過
Qスイッチレーザー  シミとりレーザー(シミ)
Alex Trivantage

 料金
直径5mmまで5,400
直径1cmまで10,800
直径2cmまで21,600
一発1,080
  • 美容診療予約フォーム
  • お問い合わせフォーム