ホーム > 一般皮膚科  > みずむし

みずむし

みずむし(足爪白癬)

みずむし(足爪白癬)

みずむしは「白癬菌」(はくせんきん)というカビの病気です。
カビは湿った場所が大好きなので手足の間や爪によくできます。


 
治りにくくうつりやすいみずむし
■家族からうつります
風呂場のマットやスリッパの共有で家族からうつることが多いです。同居している家族全員、みずむしを治さないと完治しません。みんなでしっかり治療しましょう。

■治ったと思っても皮膚のなかで「白癬菌」は生きていることがあります。
かゆみがとれたからといって、治ったとおもうのは危険です。「白癬菌」が皮膚のなかで生きていることがあります。かさかさ、かゆみがなくなっても1〜2か月はお薬を塗り続けましょう。
みずむしの治療
基本的には手足のみずむしは塗り薬、つめには飲み薬を処方します。患者さんにあった治療を医師が選択しますので、ご相談下さい。
  • 美容診療予約フォーム
  • お問い合わせフォーム