ホーム > 美容診療メニュー > 肝斑

肝斑

やっかいなシミ、それが肝斑

レーザー治療でも悪化することがある、やっかいなシミ、それが肝斑ですレーザー治療でも悪化することがあるやっかいなシミ、
それが肝斑です。


「出産やピルを飲み始めてから両頬のシミが目立ってしまって」フォトフェイシャルやレーザー治療でも悪化することがある、やっかいなシミ、それが肝斑です。

肝斑はメラニン色素を作る色素細胞(メラノサイト)が異常に活発になり、シミの原因となるメラニン色素を作りだす病気です。
特に30代〜40代以降の女性に見られるごく身近な、ぼんやりした褐色調のシミで、両頬上部などに左右対称に見られるのが特徴です。シミ治療を考える人の約40%の方にこの肝斑があるといわれています。

肝斑の悪化原因としては
紫外線
妊娠、出産
婦人科治療
ピル内服
化粧品かぶれ
のみ薬(抗生剤、抗てんかん薬など)
摩擦(マッサージ、洗顔など)
肝障害
などがあります。

肝斑治療の第一選択はトラネキサム酸とビタミンCの内服です。おくすりの処方は保険適応です。

肝斑治療を短期間集中して治していきたい方には、
以下の3種類のコースをご用意しております。


シミ・肝斑ケアコース
肝斑スタンダードコース(レーザートーニング)
肝斑プレミアムコース


の3コースをご用意しております。
詳しくは美容コースの【肝斑ケアコース】のページをご覧ください。
  • 美容診療予約フォーム
  • お問い合わせフォーム