ホーム > 一般皮膚科  > 尋常性白斑

尋常性白斑

白斑の症状

皮膚の色が抜けて白く見えます。後天性(生まれつきでない)で全身どこにでもあらわれます。

尋常性白斑の写真

尋常性白斑には大きく分けて、3つのタイプがあります。
①全身に左右対称にあらわれる。
②部分的に1~数個あらわれる。
③皮膚の神経に沿ってあらわれる。

尋常性白斑は、治りにくい皮膚の病気の一つと言われています。

人にうつることはありません。
しかし、人に見られる部分にあらわれることも多く、
見た目から心理的なダメージを感じることも少なくありません。


尋常性白斑の原因
原因はまだはっきりとわかっていませんが、過度のストレス、やけど、日焼け、刺激などによる自己免疫異常や末梢の神経系の変化などが考えられています。
 
治療方法
最新光線療法を使った治療を行っております。

 
  • 美容診療予約フォーム
  • お問い合わせフォーム